アダルト動画

アダルト動画は日々進化を遂げています。現在、最もホットな技術といえば、VRによるアダルト動画鑑賞でしょう。名前くらいは聞いたことがあるけれども、実際に普通のアダルト動画とどう違うのか、気になる人は多いかもしれません。

 

■VRと普通のアダルト動画との違い
VRとは、バーチャルリアリティの略です。バーチャルリアリティとはどういう感覚なのかといえば、見える範囲が異なる点がまずあげられます。平面的な映像がしっかりと奥行きまで見られます。360度の視界が確保できるのがVRの世界なのです。これをアダルト動画に当てはまるとどうなるでしょうか。これまで見えていなかった部分、注目していなかった部分が目の前に迫ってくるのです。たとえば、女性がおっぱいを押し付けてくる、馬乗りになって激しい騎乗位をしてくれる、そうした臨場感のある場面が、目の前で再現されるのです。

 

■感覚がなくなる?
さらにVRの動画の特徴として、ある程度の時間が経過すると、普通の感覚がなくなってゆく点があげられます。VRの特殊なメガネをつけて動き回る人は、動きがおかしくなってくる傾向があります。これはVRの世界に没頭してしまうあまりに、現実の世界を一時的に忘却してしまうためです。これが、もしアダルト動画の世界でできるとなれば、夢のようではないでしょうか。アダルト動画は、あくまで動画を見ており、自分はオナニーをしているだけという冷静な視点もあります。しかし、VRのアダルト動画では、そうした前提を取り払われてしまうので、アダルト動画の世界に没入できるといえるでしょう。

 

■音も臨場感を加える
さらにVRのアダルト動画では、音も重要な要素となります。音は、映画の演出においても大きなウエイトを占めますが、VRのアダルト動画においても、声やいきづかいなどがしっかりと流れてきます。密閉された空間のなかで、そうした音と映像の調和を楽しむことによって、アダルト動画の世界に完全にのめりこむことが可能となったのです。